• つなんの文化財動画
  • つなんの自然
  • つなんの歴史
  • つなんの民俗
  • つなんの歴史
  • つなんの農業
  • つなんの食

農と縄文の体験実習館


なじょもん


〒949-8201
新潟県中魚沼郡
津南町大字下船渡乙835
TEL/FAX 025-765-5511

E-mail:najo@najomon.com

津南の民俗文化財動画

つなんのめずらしい風習や民俗文化財などを動画でご紹介します!

赤沢神楽(あかさわかぐら)


 赤沢神楽は、赤沢神社境内に舞台を作り行う奉納神楽です。江戸時代以前から奉納されたとの言い伝えがあり、戦争中は一時中止となりましたが、戦後昭和21年春に奉納されました。その後、20年ぶりに当時の総代松縄天慶(まつなわてんけい)氏の呼びかけで夏の祭礼で復活し、現在まで公演されています。
 手造りの舞台は幅が8間(およそ14m)、奥行き2間(およそ3.6m)の大掛かりなものです。その際使われる引幕は明治時代、町内出身の画家津端道彦の実父である津端壮六によって描かれたものです。宇治川の先陣争いが描かれた引幕は津南町有形民俗文化財に指定されています(昭和53年)
 旧芦ケ崎村の村社であり、赤沢集落の八幡社は、言い伝えによると赤沢城主大井田遠江守が鎌倉攻めにはせ参じた折りに鶴ケ岡八幡宮の分影を迎えて祀り一郷の鎮守としたといわれています。現在赤沢地区に語り継がれている伝統行事「赤沢神楽」は、開催時期は全く決まっておらず、地元の方々のタイミングで決まります。

からす踊り


 津南町内の盆踊りに踊られています。長野県北部から新潟県南部に分布し、歌い手と踊り手に分かれ、歌い手を中心として踊り手が輪になって踊ります。
 歌は、歌詞が繋がっており、熟練した歌い手による歌は、途切れることがなく、かつては一晩中踊り明かしたといいます。

  • つなんの文化ページをシェアする